「あなたにとって人生のターニングポイントは何ですか?」と尋ねられると、答えにとまどってしまう人も多いのではないでしょうか。
今まで生きてきた中で分岐点となったことや、大きな変化があった時を考えると思い付きやすいのではないでしょうか。それまで当たり前だと思っていたことや、あまり関心がなかったことでも、ある出来事などをきっかけに考え方が大きく違ったり関心を持つようになったという経験がターニングポイントになると思います。
自分の価値観が大きく変わった出来事や、環境が変わって生き方が変わったこと、本を読んで感銘を受けたことなど過去に経験したことを振り返ると、出来事を境に大きく変化したことが見えてくると思います。その出来事によって考え方や価値観が自分の中でどう変わっていったのかに気づくことで、曖昧だった自己分析が明確になっていくと思います。
ターニングポイントになった出来事は、必ずしも衝撃的なものとは限りません。日々の生活の中の些細な出来事でも、考え方が変わるということもあります。その出来事の前後では、考え方や価値観が大きく違っていたりします。体の成長と違い考え方や心の成長は目に見えませんが、人生の転機ともいえる出来事から自分がどう感じどのように変化したのかを知ることは大事なことです。何もないところには成長はありませんが、刺激や転機があるからこそ人は成長していきます。
自分の長所や短所は自分では気づきにくいものですが、人生のターニングポイントを振り返ることで自分の適性を知ることができ、はっきりとした将来を見据えることも可能になります。ターニングポイントについては、こちら「人生のターニングポイント」というサイトにも色々載っているので、一度目を通して見るのもいいと思います。